書籍・雑誌

読書

もう7月。今年に入ってから読んだ本。
「一歩を越える勇気」栗城史多 本気、命がけ、あきらめない。感動した。
「ワンランク上の問題解決技術」横田尚哉 何のために誰のために。即導入。
「国をつくるという仕事」西水美恵子 僕の心の師匠です。
「純米酒Book」山本洋子 お酒(純米酒)が大好きになる。山本さんの本気度に感動。
「ちょっとした勉強のコツ」外山滋比古 お父さんお母さん必読。
「自分の中に毒を持て」岡本太郎 本気とは命がけを学ぶ。爆発だ。
「詞集たいまつ」むのたけじ 僕のバイブルです。本質をえぐったすばらしい言葉がいっぱい。
控えてる本がまだまだある。頑張って読まなあかん。Img_0869

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

理念と経営

Img_2714_1_6  今年から定期購読を始めた。

「働く、学ぶ、生きる、極める、貫く」。

いい勉強ができそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書の秋第2弾

448 今日は、本題に入る前に

娘が小学校最後を告げる修学旅行に行ってしまった。子離れできていない未熟な私は、泣きそうに辛い。心配で心配でしかたがない。見つからないように変装して現地まで着いて行きたかったくらいだ。

さて、第2弾「不都合な真実」。内容は、ご存知の通り「地球温暖化」についてである。温暖化と言ってもどれほど実感しているだろうか? この本を読んでみて、もう、すぐ近くまで迫ってきている、自分の席の隣に座っているかのような危機感さえ覚えた。 「遅くない、何か行動せなあかん」。自分の身のまわり、日常生活でできるエコ、積極的に取り組んでいこう。娘から孫、孫からひ孫、せめてそのくらいまでは、健康な地球であってほしいと思う。          

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書の秋

397 10月1日朝夕とても過ごしやすくなりました。

読書の秋、第一弾は中場利一「話はわっしょれ」

大阪のだんじりで有名な岸和田生まれの

ちょっとあぶないおっちゃんの「ホンマ」の話である。

でもユーモアたっぷりで笑えてしまう。

この「おっさん」ただ者ではない。

文中、「ホンマ」は「本当」の意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|