« 極める | トップページ | 久々自転車練 »

読み書き算盤

「歩きながら考えよう」安藤忠雄著から引用です。

子どもの頃によく言われたのは「読み書き算盤ができないと
だめだ」と。

「読み」というのは、読むことによって哲学を考えるということ。
自分の生き方を考える。

「書く」というのは、書くことによって自分の考え方を表現するということ。

「算盤」というのは、単なる数勘定ではなく人生を設計するということです。

自分の人生を計画するのに、過去をどう考え、未来をどう考えるか。
そのためには、読み書き算盤ができないといけないと思うんです。

安藤建築のすばらしさは、こういう考え方が元になってるんですね。
非常に興味深い一説です。

|

« 極める | トップページ | 久々自転車練 »

学ぶ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き算盤:

« 極める | トップページ | 久々自転車練 »